看護師

緑内障は改善することができます|適切な治療を実践

視野が欠ける障害

目頭を押さえる男の人

他人事ではない意識

年齢による衰えや環境の変化で、視神経がダメージを受け、緑内障などの障害を発症するケースは多く、これまでは高齢者が最も気にかける必要がある障害と指摘されてきたものの、40代からも注意が必要とされ、情報拡散が加速しています。特に、正常眼圧緑内障と呼ばれる、眼圧が正常であるにも関わらず進行してしまう緑内障が近年、中高年となる年代で急増していることから、高齢になって発症する病気ではない認識が必要と言われています。働き盛りとなるため、企業向けに眼科医が訪問検診してくれたり、セミナーにおいては検診の重要性などをアピールしています。パソコンやスマホなどを用いり、文字情報を目で酷使するため、少なからずリスクがある旨を伝える動き出しは加速しています。

ストレスなども原因

緑内障の障害は視野が欠けていき、失明するケースも少なからずあり、リスク因子となるのが、家族に緑内障の人がいるなどの遺伝性で発症するケースが挙げられています。また、眼圧が高い場合や、糖尿病や高血圧など、他の疾患からも緑内障に結び付くこともあり、高齢者だけではなく、誰しも障害を発症する因子を持っているのも特徴です。さらに、中高年層に比較的多いのが正常眼圧緑内障であり、視神経の弱さが原因として挙げられているものの、現代人に多い過剰なストレスや血流障害なども原因の1つです。年に一度は眼科での検診が予防するためにも大切ですが、目の中の水流が滞り、眼圧が下がりやすいのがデスクワークなどの仕事や姿勢で、回避できる生活習慣の見直しも予防法の1つです。