看護師

緑内障は改善することができます|適切な治療を実践

目の検査の必要性

笑顔の男性

様々な検査

緑内障の検査を眼科では行っており、初期段階での発見に結び付けたり、進行具合や治療効果の判断などまで行うのが特徴です。通常、眼圧・眼底・視野検査などが必要となり、特に眼圧を下げることが治療には重要視されるため、眼圧検査は最も必要性を持っています。眼圧検査と一口に言ってもいくつかの種類があり、眼に直接測定機をあてる接触型や、圧縮した空気を送る非接触型など、クリニック側が導入する測定器によって違いが見受けられます。その他、検査用コンタクトレンズによる隅角検査においては、眼圧が高い原因の特定や病型の判断が行える検査で、画像診断では視神経線維層を形状解析して進行度合いを見極めてくれるなど、早期発見・早期治療が行えるのが検査の最大の特徴です。

回復ではなく抑制

視神経は一度ダメージを受けてしまうと元には戻らないため、緑内障の治療に関しては、視野が狭くならない対処療法が展開される点に注意が必要で、眼科での治療では眼圧を下げることを重視しており、最も効果的なのが目薬による対処療法です。房水の産生を抑制、あるいは房水の流出を促進させる効果が期待できる点眼治療によって、眼圧を下げさせ、緑内障の進行を食い止めることができます。しかしながら、点眼薬での効果や早急に眼圧降下を行いたい場合には、内服薬による治療となりますが、副作用などのリスクも少なからずあるため、継続した治療の際には眼科医・薬剤師のサポートが必要です。また、緑内障手術も展開されていますが、回復を目的とする白内障手術と異なり、視力や視野が悪化しないための予防策として手術が展開される点にも注意が必要です。