医者の男の人

緑内障は改善することができます|適切な治療を実践

視野が欠ける障害

目頭を押さえる男の人

緑内障は、高齢者だけの病気ではない認識と意識が必要であり、発症しないためにも生活習慣の見直しは大切です。検診や障害について、眼科でも情報が広く発信される動きが加速し、目を酷使する仕事内容の方の予防に努めてくれています。

詳細へ

目の検査の必要性

笑顔の男性

視神経にダメージを負うことで、視野が狭くなったり視力が低下する緑内障は、眼科での検査が進行具合を抑えることに結びつけることができる内容です。また、治療法も進行具合で提案しており、手術によって悪化を防ぐことも可能です。

詳細へ

目が見えづらくなったとき

女の人

増え続ける目の症状

現在、視力に支障が出てしまう緑内障が増加傾向にあり、40歳以上の人で17人に1人が発症するというデータがあります。これはかなりの数となるので、緑内障は他人事ではない病気となってきました。具体的な症状は、左右の目のどちらかが視界に見えづらい部分ができるようになり、それが広がっていくことでまともに見えなくなります。このような症状は40歳以上の人にあらわれるようになり、眼圧が深く関わっています。眼圧が高くなってしまうと見たものを脳に伝える伝達神経路の視神経に異常が出てしまうことから、見えづらくなってしまうのです。緑内障は正常な眼圧をキープすれば進行を止められるので、眼科で治療をしてもらわなければいけません。眼科では増え続ける緑内障患者のために適切な治療を行っているので、異変に気づいたら早めに診てもらうようにすることです。このような年齢によって増える症状は、これからの高齢化も含めていっそう多くなってくることが予想できます。

進行を抑えていく治療

緑内障の治療では、完全には視力を取り戻していくことはできません。緑内障で一度失われた視力は回復はできないので、症状を進行させないことが治療となるのです。それには、主に目薬で眼圧を正常に保っていくことが行われます。これを続けることで状態を維持できるので、症状を悪化させることはありません。ただし、この治療で効果が見られない場合は、レーザーでの治療や手術が行われます。レーザーでは房水の流れを良くしていくために穴を開けて広げるなどして、眼圧を下げていきます。この方法でも効果がない場合は手術となり、同じく房水の流れを試みる方法でその原因を抑えていくことになります。緑内障は早めに症状に気づくことで、進行も支障のない程度に抑えられます。40歳以上になったら視力に違和感がないか意識していくようにし、眼科で定期的に検査を受けていくのも効果的です。

目の病気にご注意を

医者の男の人

緑内障とは目の圧力が上昇して視神経が圧迫され、視力が低下する疾患です。老化以外に近視も原因と言われています。また、緑内障の患者は高齢者の増加に比例して増えています。治療方法は改善されており早期発見、早期治療も可能になっています。

詳細へ